三菱地所ホーム 坪単価

完全無料!三菱地所ホームや各ハウスメーカーの費用総額や間取りプランがもらえます。↓クリック

マイホームを建てるにあたっては、まず、たくさんのハウジングメーカーの中から1つを選ばないといけません。どうやって選べばいいか、と迷ってしまいますが、何より高い買い物ですので、価格が大事なポイントになってきます。そういった比較の際の一番の目安となってくるのが、坪単価だといえるでしょう。

 

 

こういった中で、三菱地所ホームの坪単価を見てみたいと思います。

 

 

三菱地所ホームは、有名な三菱地所がやっているハウジングメーカーとなります。この三菱地所ホームですが、歴史はとても長く、遡ると、日本の建築教育のために 明治政府がイギリスから呼んだ建築家が発祥となっているといいます。

 

 

そのイギリスの建築士の教え子たちが「丸の内建築所」という設計事務所を立ち上げて、今の三菱地所の前身となっているのです。

 

 

そのため、三菱地所ホームには、ネームバリューもあり、坪単価も決して安くはありません。躯体は極一般的なツーバイフォー工法となっていて、そこまで商品のバリエーションも多くなく、だいたい、三菱地所ホームの坪単価の目安は 70〜80万円といったところです。

 

 

また、こういった坪単価というのは、最初の見積りで出てくる数字を基準とするか、実際にその後にかかってくる工事なども含めるかによって、だいぶ違いがあるという事も注意が必要となります。

 

 

この三菱地所ホームの坪単価の目安は 70〜80万円という数字は、最終見積りに近い数字ともいえそうですが、オプションなどを付けると、これ以上に高くなるということも、十分にあります。

 

 

もし、最初に出てくる単価が、70万程度だったとしても、実際に最終的に払う単価をみてみると坪単価80万円ぐらいとなるケースもあります。

 

 

最初の見積もりの単価というのは、本当に最低限度の施工内容によるものだからです。最終的な支払金額は上がることが想定されますので、そういった点も含めて、価格や単価については、事前に確認をすることが大切だといえます。

続きを読む≫ 2015/01/06 22:43:06

家を建てるにあたって、値引きというのは重要なポイントになってきます。たくさんのハウジングメーカーの中から、どうやって選べばいいか、と迷ってしまいますが、夢のマイホームを建てるわけですから、安ければいいという訳にもいきません。

 

 

ただ、予算にも上限がありますので、予算的に、その希望のものに手が届かない、という事も有ります。こういった中で、気になってくるのが、各ハウジングメーカーの出している価格、そして、値引きです。どれくらい実際に値引きしてもらえるかで、どのあたりのものまで、検討にいれていいかもわかってきます。

 

 

こういった中で、三菱地所ホームの価格帯や値引き感を見てみたいと思います。

 

 

三菱地所ホームですが、歴史はとても長く、明治政府がイギリスから呼んだ建築家が発祥となっているといいます。そのイギリスの建築士の教え子たちが「丸の内建築所」という設計事務所を立ち上げて、今の三菱地所の前身となっているのです。

 

 

こういった歴史もあり、三菱地所ホームには、ネームバリューもあり、坪単価も決して安くはありません。そこまで商品のバリエーションも多くないのですが、だいたい、三菱地所ホームの坪単価の目安は 70〜80万円といったところです。

 

 

ただ、インターネットなどで見てみると、口コミなどによると、値引きがあった、というものも見られてきます。ただ、その金額というのは商品によって違ってくるようです。これは、値引きのベースとなる金額にもよるようですが、だいたい、三菱地所ホームにおいては、値引きに関しては、5%ほどは問題なく期待できそうです。

 

 

ハウジングメーカーの中でも、値引きについては、やり方が分かれてくるところです。

 

 

ローコスト路線の方の商品であった場合には、そこまで大幅な値下げというのは期待がしづらいかもしれませんが、基本的に、三菱地所ホームのようにベースが高い高級路線のハウジングメーカーというのは、高いオプションをつけることで、そこから値引、というような路線でも期待できそうです。

続きを読む≫ 2015/01/06 22:41:06

マイホームを建てるときには、メリットの多いハウジングメーカーを選びたいというのが本音になってきます。とはいっても、それぞれ、家に求めるものは人それぞれですので、自分の求めるメリットがなにか、というところをきちんと見極めることも必要です。

 

 

そういったなかで、実際に家を建てた人の評判というのを参考にすると、より、自分に合ったハウジングメーカーがみえてきます。インターネットなどで、口コミや評判というのを見てみるのも、参考になります。

 

 

三菱地所ホームについての評判をみてみると、よいところ、そしてその反対のデメリットというものが見えてきます。三菱地所ホームは、有名な三菱地所がやっているハウジングメーカーとなります。

 

 

この三菱地所ホームは、歴史も長く、実績もあります。実際、明治時代の「丸の内建築所」という設計事務所を立ち上げて、今の三菱地所の前身となっているのです。

 

 

そのため、三菱地所ホームには、ネームバリューもありますが、実は、他のハウスメーカー程の商品の種類は一切ありません。

 

 

躯体は極一般的なツーバイフォー工法となっていて、一番の売りとなっているのが、「エアロテック」という全館空調換気システムが標準装備であるというところです。

 

 

また、イギリス由来のデザイン性の良さが、評判のよさとなっているようですが、そこについては、好みが分かれるところと言ってもよいでしょう。実際、とりあえず三菱地所ホームとしては、デザイン性や、センスの良さといったところに、強みがあると自負しているといっていいでしょう。

 

 

実際、モデルハウスなどでも、そういったデザイン性をアピールするようなつくりになっていたり、イベントなどで、そういったものを伝えるような戦略をとっていたりするようです。

 

 

ただ、実際、そういったところは、好みによるところにもなりますので、一般的な評判のよさだけではなく、自分の目で確かめることが必要です。また、担当する建築士やコーディネーターによるところも大きいかと言えます。

 

 

ハウスメーカーの評判の関連サイト:秀光ビルド 評判

続きを読む≫ 2015/01/06 22:39:06

家を建てるときに、やはり大切にしたいとなってくるのは、その住み心地ではないでしょうか。自分の暮らす家を建てるわけですから、やはり、自分や家族にとってベストな住み心地にしたいものです。とくに、お子さんやお年寄りがいるかただと、その思いも強くなるのではないでしょうか。

 

 

こういった中で、各ハウジングメーカーの提供する家の住み心地は気になるものですが、その住み心地というのも、各ハウジングメーカーによっていろいろなバラエティがあります。こういったなかで、自分にあった住み心地を提供してくれるハウジングメーカーを選んでいくことが大切になります。

 

 

そして、住み心地といったときに、家の中の空調の心地よさというところに、重点を置く方も多いでしょう。夏涼しく冬暖かい家というのは、やはり理想となります。こういったときに、全館空調に強みを持っているハウジングメーカーとしてあがってくるひとつが、三菱地所ホームとなってきます。

 

 

この三菱地所ホームの最大の売りとなっているのが、「エアロテック」というものです。これは、全館空調と換気を兼ね備えたシステムとなっていて、このシステムは同じ三菱グループの三菱電機と三菱地所ホームが、共同開発したシステムとなっています。

 

 

こういったところからも、エアロテックの機能性というのが、アピールされています。

 

 

一般的な家だと、全熱交換の換気システムは第一種換気というのが普通なのですが、「エアロテック」は第三種換気を採用しています。この第三種換気を用いることによって、第一種換気よりも消費電力が少なく、 しかも、全熱交換をするので、非常に省エネに有効だということになっています。

 

 

また、普通、全館空調というと、温度設定はフロアごと、1階と2階というような大枠での調整しかできないというふうに言われますが、おの「エアロテック」では各部屋ごとの温度設定が可能というのも、ポイントとなっています。

 

 

こういった機能性と省エネ性による全館空調での住み心地というのが、三菱地所ホームの売りとなっています。

続きを読む≫ 2015/01/06 22:37:06

地震が来ても倒壊しないような、安全な住宅というのは、マイホームを建てるときの必須条件ともいえるでしょう。ただ、実際にどうなのかというのは、素人にとっては、耐震性というのはなかなか分かり辛いものです。

 

 

ただ、こういった耐震性の高さや低さといった目安となる基準があります。これが、「耐震等級」と呼ばれるものです。

 

 

そして、三菱地所ホームにおいては、スタンダードとなっている2×4工法の注文住宅において、高耐力壁「ハイプロテクトウォール」を標準採用し、全建物で耐震等級3を確保し、長期優良住宅の認定を取得する取り組みを行っているということが、業界でも話題となっています。

 

 

耐震等級は、耐震等級1〜3に分けられています。そして、それによって、耐震の度合いが違うようになっているのです。

 

 

そして、耐震等級3が最高等級となっていますが、これを、三菱地所ホームでは提供できるようになっているということです。

 

 

つまり、耐震等級3が一番地震に強いということがいえますので、三菱地所ホームの耐震性の高さがアピールできるポイントです。

 

 

ただ、もちろん、すべての三菱地所ホームの家が、3等級というわけではありませんので、三菱地所ホームで家を建てるにあたっては、打ち合わせの最初の段階で、どれくらいの耐震度合いを希望するのかというところを含め、相談するとよいでしょう。

 

 

実際、一般的に耐震等級の目安とされている基準として、耐震等級1というのが、 建築基準法(法律)と同程度の建物についての目安となっています。耐震等級3となると、耐震等級1で想定する地震の1.5倍に耐えられる、ということが基準となっています。

 

 

また、等級をあげて、耐震等級2や、耐震等級3の家を建てたい、と思う場合は、耐震等級1のように簡単にはいかず、「構造計算」と呼ばれるもの、もしくは精密な検討が必要になります。

 

 

よって、建売を買うのでなく注文住宅とする場合には、コストとの兼ね合いもでてきますので、耐震性能とあわせて、確認していく必要があるといえるでしょう。

続きを読む≫ 2015/01/06 22:35:06